反重力独楽見学レポート

Update 1996/12/23

 これは、東北大学工学部放射線工学研究室の当時助手であった早坂秀雄氏による、 水平面に対し右回転と左回転するジャイロの大気中での落下時間の違いを測定した 実験場を見学したときのレポートです。

 もともとは、東北大学の学内電子掲示版 bbms (Bulletin Board and Mail System)の < mathematics > というカテゴリに投稿したものです。 これはそれに加筆訂正したものです。

 当時(1994年暮れ)、 U-CAS という磁力反発による浮遊回転するコマのおもちゃが < mathematics > で話題になっていました。 この時に、「そう言えば東北大学には早坂という人がいて、右回転と左回転する ジャイロの質量差を測った実験を Phys. Rev. Lett. に投稿したはずだ。 あの追試はどうなったのでしょうか?」というような話が出ました。 そして、「他の追試はうまくいっていないようだ、それで早坂先生は別な方法で 新しい実験をしたようだ。 ところがそのことをアナウンスしたのに誰も見に来ないとこぼしていた。」 という話が出て、「じゃあ、 bbms で見学者を募って見に行こう」ということに なったのですが・・・

 これはその時のレポートです。



物理とオカルトの間

by 小久保 温

(Original:1994/12/28 bbms Message-ID < 93111@tainsbbms>)






小久保温の Home Page に戻る